2007年08月29日

203

203_01.jpg
広島県福山市にある福山自動車時計博物館に展示されている
プジョー203です。
このクルマが今も発売されている2シリーズの流れの先にあると思うと面白い。

1948年に発売されたクルマなんだから見た目に古いのは当然だけど、
フランス車らしい、どこか惹きつけられるような魅力がある。

203_02.jpg
プジョー初のモノコック型を採用し、10年以上もこのモデルを販売していた。

周りにあまりスペースが無いため、
全体が写せなかったのが残念。

203_04.jpg
Cピラーにウインカーが付いていました。
光るのか飛び出すのかは分かりませんが、前には付いていなかった。

203_03.jpg
エンブレムがステキだ。




にほんブログ村 車ブログへ
タグ:プジョー 203
posted by よっし at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Peugeot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

207

207_01.jpg207_02.jpg

今回はつい最近日本でも発売になった
プジョー207です。
プジョーのこの『207』ですが、”20”がクラスで
7は7代目という意味です。

さて、8年ぶりにモデルチェンジしたこの207は
世の中の流れのとおりにボディサイズを大きくして登場。
だけどね、
207_03.jpg
横から見るとコンパクトカーだなあと思わせます。

外観はキープコンセプトな感じではあるものの、
よりスタイリッシュに現代的にした感じだ。

残念ながら時間が無く、座席には座れなかったが
ボディサイズの割には狭いらしいです。
外観をデザイン重視にしている気がするね。

207_04.jpg
最後に違うボディカラーの207。
ラセルタ・イエローという名前のカラーだそうです。
今度は是非試乗してみたいクルマだ。


タグ:プジョー 207
posted by よっし at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Peugeot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

206CC

peugeot 206cc_01.jpg
全長:3810mm
全幅:1675mm
全高:1380mm
ホイールベース:2440mm
駆動形式:FF
重量:1210kg
排気量:1587cc
エンジン:水冷直列4気筒DOHC
最高馬力:108ps/5800rpm
最高トルク:15.0kgm/4000rpm

人気のあるプジョー206のカブリオレが
この206CCです。
CCとはCoupe CabrioletのCCであり、
フランス語にあるCoup de Coeur ハートの一撃(一目惚れ)
という意味もあります。(プジョージャポンHPより)

僕も何度か街で見かけた事がありましたが、
目を奪われてしまいました。

続きを読む
posted by よっし at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Peugeot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。