2008年03月22日

DEMIO SPORT

ついに自宅にネットを引き、復活することが出来ました。
これで実家に帰って更新ってのもしなくても良くなりました。

さて、復活最初は僕の愛車デミオスポルトです。
まだ紹介してませんでした。

demio sport01.jpg
なんと、世界カーオブザイヤーにも新型デミオは輝きました。
そして僕の愛車は今、走行距離6000kmくらい。
慣らしも終わったところって感じかな。

demio sport02.jpg
見る角度によって、顔が変わる気がして不思議。
毎日見てても飽きません。

demio sport03.jpgdemio sport04.jpg
このクルマが好きになったのは、クラスを超えた乗り心地があったからかな。
あとは小さいクルマが好き。子供が出来たってこのクルマに乗っていたいよ。

燃費は14〜15km/lくらい。
ミラーサイクルと比べてはいけないけれど、これだけ行けばいいかな。
気になる点は車内の慣性が大きいところ。
剛性はしっかりしてるけど、少しきついカーブでも車内の荷物が動いてしまう。

最近、AUTOEXEやらHKS関西からデミオのパーツがたくさん発売されている。
タワーバーでも付けてみようかな。
あとはセンター二本出しマフラーのリーガルマフラーも欲しいぞ!
カーボンボンネットもあるが、付けたら嫁さんに怒られそうだ(笑)


posted by よっし at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

アテンザスポーツワゴン試乗記

皆様お久しぶりです。
久しぶりに更新をしました。実家からです。
早速ですが、先日試乗してきたアテンザスポーツワゴンのレポートです。

atenza01.jpg
試乗してきたのはアテンザスポーツワゴン25S
5AT車です。

・外観
キープコンセプトかと思いきや、案外変わっていた。
マツダらしいプロポーションかと思います。
3ナンバーサイズだけど、あまり大きい感じがしなかった。
車高が低いせいなのかなあ。
個人的には後ろ斜め下からのアングルが好き
atenza05.jpgatenza04.jpg
タイヤがポテンザの17インチを最初から履いていた。ステキ。

・内装
atenza06.jpg
あんまり前と変わってない感じはした。
だけど、質感は高まって前よりもシンプルに感じたよ。
ハンドブレーキが遠い。位置はどうにかならなかったのかなあ。
ステアリングは小さくて、スポーツ感があった。

・エンジン
新開発の2.5Lエンジン。非常に音が静かだ。
だけど踏み込むと、一瞬で5000rpmまで上がるレスポンス。
室内にもあんまり音は出てこない。ノイズも無く良かったよ。
また、レギュラーガソリンで走るのもいいね。

さて、試乗です。

続きを読む
posted by よっし at 23:19| MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

決めてしまいました

今日、重要な決断をしました。
なんと、新車購入を決めました!

今のクルマは7年目で来年車検。
タイヤもかなり減ってきたという事で色んな条件が重なりました。

クルマはどんな車種にしたかと言うと・・・・・続きを読む
posted by よっし at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

COSMO SPORTS その2

今回は以前にもありましたマツダコスモスポーツです。
トヨタ博物館で撮影した実車の写真をお届けします。
cosmo01.jpgcosmo02.jpgcosmo03.jpg

cosmo04.jpgcosmo05.jpgcosmo06.jpg

同じクルマなのですが、前と後での光源が違うため、
違う色に見えてしまいました。

以前の記事はこちら
コスモスポーツ



にほんブログ村 車ブログへ
posted by よっし at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

DEMIO SPORT試乗記

demio_sport01.jpgdemio_sport02.jpg
続いて、新型デミオのスポーツバージョン
デミオスポルトに試乗しました。

こちらはノーマルに比べ、外観では
・フロントバンパー
・サイドアンダースポイラー
・リヤルーフスポイラー
・16インチアルミホイール
・フロントフォグランプ
が違います。ちゃんと押さえているが、マフラーが変えたいところ。

そして、足回りでは専用サスペンションとなっています。

内装では
・メーター
・本皮巻ステアリング
・専用シート
・パドルシフト
ってくらい。
スポルトのCVTは7速もあります。
そしてエンジンが1.5Lだ。(ミラーサイクルではない)

デミオというと、伊東美咲さんのCMの影響か
女性の購入層が多いですが、デミオスポルトは男性ばかりで、
今、かなりの数が売れているそうです。

グレードはSPORT CVT 2WD サンライトシルバーメタリック
さて、試乗します。
続きを読む
posted by よっし at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEMIO試乗記

demio_01.jpgdemio_02.jpg
仕事が忙しかったので久しぶりの記事となります。
あいにくの雨でしたが、発売されたばかりの3代目マツダデミオ
そして、スポーツモデルであるマツダデミオスポルトに試乗してきました。
まずはノーマルデミオからどうぞ。

今回のデミオはまず見た目から言って変わったという印象だった。
完全に日本車を脱したマツダらしい躍動感のあるデザインが特徴。
僕的にはかなり好きです。

試乗車は 13C-V CVT 2WD ブリリアントブラック でした。
さっそく公道へ出ます。

続きを読む
posted by よっし at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

CX-7 試乗記

※2月26日 友人寝そべり写真(^^)追加
cx-7_01.jpg
昨日、友人とマツダCX−7に試乗しに行ってきましたので
その模様をお伝えします。
試乗は公道の試乗コースを2周し、
1周目は友人が先に運転し、僕は助手席。
2周目に僕が運転し、友人が助手席。
ディーラーの方は後部座席でした。
SUVというジャンルのクルマに試乗するのは初めてです。

試乗車は6EC-AT 2WD。色はクリスタルホワイトパールマイカでした。
まず、外観。
マツダ車らしいと言えばらしい外観。
cx-7_02.jpg
ボンネットとサイドボディーとの繋ぎ目が非常にうまいです。
横から見ると、RX−8を膨らませたようにも見えます。

cx-7_03.jpg
写真では伝わりにくいですが、リアからの眺めは非常にグラマラスです。

さて、乗り込みます。

続きを読む
posted by よっし at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

Eunos Roadster (NA6CE)

mazda rs_na6ce_01.jpgmazda rs_na6ce_02.jpg

全長:3970mm
全幅:1675mm
全高:1235mm
ホイールベース:2265mm
重量:940kg
排気量:1597cc
エンジン:水冷直列4気筒 DOHC NA
駆動形式:FR
最高馬力:120ps/6500rpm
最高トルク:14.0kgm/5500rpm

今回は久しぶりにGT4からの写真をどうぞ。
マツダ ユーノスロードスター(初代)です。
89年の発売当時は、各メーカーともFRライトウエイトスポーツカーを販売していたが、
永らく消えていた、ライトウエイト2シーターオープンカーの復活ということで
注目されたクルマです。

続きを読む
posted by よっし at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

COSMO SPORTS

cosmo3.jpgcosmo4.jpgcosmo5.jpg

全長:4140mm
全幅:1595mm
全高:1165mm
駆動形式:FR
重量:940kg
排気量:491×2cc
エンジン:2ローター・ロータリー
最高馬力:110ps/7000rpm
最高トルク:13.3kgm/3500rpm

ふたつのローターをくっつけたロータリーエンジン車としては
世界初となったコスモスポーツです。
まだ東洋工業という名前だったマツダが
ドイツのNSU社と技術提携し、ロータリーエンジンを量産化したのでした。

そのロータリーエンジンは小型ながら高出力で、491×2=982ccという排気量ですが、
当時の2リッターカー並の出力で、ロータリーを一躍有名にしました。

何と言っても目に付くのはそのスタイリング。
名前の通り宇宙をイメージさせます。
また、後ろから見た姿は忘れられないほど印象に残ります。
日本的な風景も絵になります。
帰ってきたウルトラマンのマットビハイクルとしても有名です。

マツダ・ロータリーエンジンの歴史京商 1/64 コスモスポーツ パトカー 広島県警察トミカ マットビハイクル
posted by よっし at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

RX-7 Spirit R Type A

rx-7 srta_01.jpgrx-7 srta_02.jpgrx-7 srta_03.jpg

全長:4285mm
全幅:1760mm
全高:1230mm
ホイールベース:2425mm
駆動形式:FR
重量:1270kg
排気量:654×2cc
エンジン:ロータリー TURBO
最高馬力:280ps/6500rpm
最高トルク:32kgm/5000rpm

サバンナRX-7(FC)は1991年にフルモデルチェンジした。
それがアンフィニRX-7(FD)だ。
全長は短くなったが全幅は大きくなって全高は下がった。
角ばっていたボディーは丸くなってよりスポーツカーらしくなった。

このクルマはそのRX-7の中で2002年4月に発売された
RX-7 Spirit R Type Aは限定1500台でした。
その4カ月後、RX-7は生産中止。つまり最後のRX-7の限定車となりました。

続きを読む
タグ:マツダ RX-7 fd
posted by よっし at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

AXELA Sport試乗記

axela_01.jpgaxela_02.jpg

昨日友人とマツダのディーラーへ行って、
新型アクセラに試乗してきました。

当初、三菱のディーラーへ行きコルトバージョンRに試乗する予定でしたが、
そのディーラーには無く、他のディーラーへ貸し出したという事で
この鬱憤を晴らすべくマツダへ行きました。

マツダアクセラは2003年にデビューした。
その後、マイナーチェンジをし、今回が2回目のマイナーチェンジだ。
試乗車は2.3L 5ATの車でした。
アクセラに乗るのは今回が初めてですので、
違いは分かりませんが乗った感想をお伝えします。

まずは主要緒元を見てみましょう

全長:4435mm
全幅:1765mm
全高:1465mm
ホイールベース:2640mm
駆動形式:FF
重量:1300kg
排気量:2260cc
エンジン:水冷直4気筒DOHC
最高馬力:171ps/6500rpm
最高トルク:21.8kgm/4000rpm

まず、友人が試乗します。僕は助手席に乗り込もうとしましたが、
後部でお願いしますと言われた。
そうだな、後部座席も評価の対象だなあと思い、乗り込みます。
固めのシートで、コンパクトカーといっても3ナンバーですが、
膝前も気になる狭さはなく、乗り心地は良かったです。

続きを読む
posted by よっし at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

AUTOZAM AZ-1

az-1_01.jpgaz-1_02.jpg

全長:3295mm
全幅:1395mm
全高:1150mm
ホイールベース:2235mm
駆動形式:MR
重量:720kg
排気量:657cc
エンジン:直列3気筒DOHC TURBO
最高馬力:64ps/6500rpm
最高トルク:8.7kgm/4000rpm

この車を一言で言うと『小さなスーパーカー』です。
スーパーカーと聞いて、更にミッドシップレイアウト、ガルウイング
なんて聞くとイタリアの猛牛を思い浮かべてしまいますが、
日本の軽自動車です。

続きを読む
posted by よっし at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。