2007年06月23日

CIVIC TYPE R(FD2)

civic typer fd2_01.jpgcivic typer fd2_03.jpg
今回は3月の終わりに発売されたシビックタイプRです。
初めてのセダンのシビックタイプRという事で、色々と言われてきておりましたが、
やはりこうやって見ると、特別なクルマなんだなと思います。
色はタイプR専用色チャンピオンホワイトでした。

タイプRを知らない方のためにどんなクルマなのか簡単にどこが違うのか説明。
・専用色のチャンピオンシップホワイト
・専用のレッドエンブレム
・エンジンの改良(ポート研磨やバランス取り)
・トランスミッションはMT
・排気系の改良
・ボディの軽量化
・足回りは専用サスペンションや専用ブレーキとタイヤ
・ダイナミックなエアロパーツやスポイラー
・専用シートや専用メーター
くらいかな。

エクステリアはノーマルシビックと比べると、
精悍になったなという印象。
civic typer fd2_02.jpg
よく見るとボンネットもノーマルと違います。
結構、好きなエアロです。

続きを読む
posted by よっし at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

CIVIC TYPE-R(EP)

civic type r ep_1.jpgcivic type r ep_2.jpgcivic type r ep_3.jpg
新型シビックTYPE-R発売記念。

今回はホンダシビックTYPE−Rです。
明日、新型シビックTYPE−Rが発売されますが、
こちらは2001年に発売された型式EPのシビックTYPE−R後期型です。

残念ながら国内では新型はセダン型になってしまい、
ハッチバックとしてはこの形が最後となってしまった。
今まで、シビックと言えばやはりハッチバックという印象が強かったので、
非常に残念なところであります。

続きを読む
posted by よっし at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

S2000

s2000_01.jpgs2000_02.jpgs2000_03.jpg

(スペックは現行車)
全長:4135mm
全幅:1750mm
全高:1285mm
ホイールベース:2400mm
駆動形式:FR
重量:1240kg
排気量:2156cc
エンジン:水冷直列4気筒 DOHC
最高馬力:242ps(178kW)/7800rpm
最高トルク:22.5kgm(221Nm)/6500〜7500rpm

ホンダが50周年を記念して作られたクルマ。
『S』と名が付く事から、往年の名車である『S500』『S600』『S800』の
意志を受け継ぐクルマだ。

開発はNSXやインテグラタイプRを担当した責任者、
エンジンはホンダF1エンジンを担当したエンジニアだ。
こんなところからこのクルマに対する意気込みが伝わってくる。

ボディにXボーンフレームというのを採用しており、
高剛性がウリで、オープンでのクローズド並みの剛性となっている。
また、50:50の重量配分となっている事から、安定した走りはもちろん
楽しい走りも出来るクルマだと思います。

こんなクルマでこんな景色の中を走ってみたいなあと思ったのでした。
レーシングスーツやヘルメットはいらないけどね。

1/43 エブロ【EBBRO】ホンダ S2000 黒チョロQ52 S2000 ライムグリーン
タグ:ホンダ S2000
posted by よっし at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

CIVIC 1500 3door 25i

civic_01.jpgcivic_02.jpgcivic_03.jpg

全長:3810mm
全幅:1630mm
全高:1340mm
ホイールベース:2450mm
駆動形式:FF
重量:815kg
排気量:1488cc
エンジン:水冷直列4気筒SOHC
最高馬力:100ps/5800rpm
最高トルク:13.2kgm/4000rpm

ワンダーシビックのキャッチで登場した3代目シビックです。
このクルマで3ドアホットハッチの人気を確立したクルマです。
ホンダバラードと同じプラットフォーム、パワートレーンとなっています。

僕の先輩が乗っていて、八事の厳しい坂道をキビキビと走っていたのを思い出します。
後から見た姿が印象に残ります。

写真のクルマは25iという1.5Lのものですが、
更に上級のSiという1.6Lエンジンのグレードが存在します。

グッドデザイン大賞や日本カーオブザイヤーも受賞しています。
posted by よっし at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

LIFE STEP VAN

life_01.jpglife_02.jpglife_03.jpglife_04.jpg

今ではハイト系やハコ型のKカーは人気がありますが、
このクルマはその元祖とも言える1972年に登場した軽自動車です。

快適な居住性と、たくさんの荷物が積めるという事、
排気ガスに厳しい時代だったので、
低公害なエンジンという事がウリだったのですが、
残念ながら、世間にはあまり受け入れてもらえなかったようです。

今でも出せば売れるんじゃないかと思うのは僕だけだと思いますが、
ダイハツのLATTEやスズキのLapinなど、
通じるデザインがあると思います。

以前、西浦へ旅行したときに実車がある駐車場に停めてあったのを見ましたが、
かわいいクルマだなあとしばらく見とれてしまいました。
タグ:life HONDA
posted by よっし at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

HONDA SPORTS(S800)

s800_01.jpgs800_02.jpgs800_03.jpg

全長:3335mm
全幅:1400mm
全高:1200mm
ホイールベース:2000mm
駆動形式:FR
重量:720kg
排気量:791cc
エンジン:水冷直列4気筒DOHC
最高馬力:70ps/8000rpm
最高トルク:6.7kgm/6000rpm

1963年に登場したホンダ・スポーツ(S500)は
それまで2輪車のみだったホンダ初の4輪車となった。
その実績を元にしてか、なんとS500〜S800初期までの駆動は
現在の車のようにプロペラシャフトではなく
バイクと同じくチェーンだったというので
驚いたと同時にバイクメーカーらしい。

S800は1966年にSシリーズ最終発展型として発売された。
SシリーズはS500、S600、S800とエンジンや外観を変え、
その度に驚く変化を遂げていった。
特にエンジンは排気量が800ccながら、1600ccのエンジンに匹敵する
性能を持っていた。最高時速は160km/h
当時のスポーツカーに憧れた人々に大変好まれたという。

車重が軽く、高性能なエンジンを持ったこのS800
今見てもかわいくもあり、かっこよくもある素晴らしい車だと思います。
間違いなく日本の名車の1台と言える車でしょう。


HONDA S800 TETSU IKUSAWA Nurburgring No.26 フジミ HR ホンダS800[フジミHRホンダS800]【J:4968728121642-7-3771】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】1/12ビッグスケール ホンダS800 DYSホンダS-8001/12[DYSホンダS800112]【J:4975406000427-7-2938】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】
posted by よっし at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

NSX-R PROTOTYPE

nsx-rc1.jpgnsx-rc2.jpgnsx-rc3.jpg

'01年の東京モーターショーで出展された
NSX-R PROTOTYPEです。
レッドエンブレムなのでTypeRという事になりますが、
NSXの場合はNSX-Rという名前になっています。
先代NSX-Rは'95年に一旦終了していました。

今までのタイプRの特徴は軽量化、剛性アップ、
エンジンのバランス取りというのがメインでした。
この車にも当然それは盛り込まれてはいますが、
更に空力面を見直したつくりになっています。
そのためにボディ形状まで変えてしまった。

リトラクタブルヘッドランプを廃止し、
マイナスリフトに挑戦したことが挙げられる。
このマイナスリフトとは
高速で走る車の下側に空気が入り込むとそれが揚力となり、
車が浮き上がってしまう。これをリフトと言い、
車は挙動が不安定になり、スピードも落ちる。
だが、これをマイナスにしてやることで
車は上からの空気の力で地面に押さえつけられるようになり、
安定した操縦が行えるようになる。マイナス方向のリフトなので
マイナスリフトなのだ。

こうして空力を見直されたNSX-Rの二代目は
2002年に発売された。

京商 1/64 ホンダ NSX-R (NA2) ホワイト
京商 1/64 ホンダ NSX-R (NA2) ホワイト

限定 名車シリーズ ZIPPOホンダ NSX−R
限定 名車シリーズ ZIPPOホンダ NSX−R
posted by よっし at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。