2008年04月21日

iMIEV

imiev01.jpg
近い将来の発売に向けてテスト中のクルマiMIEV。
見た目はiですが、ご存知の方も多いように電気自動車だ。
テスト車両はこのクルマの他に、電力会社にも供給されている。
つまろ、もう公道を走っているクルマだ。

床下にリチウムイオン電池を配置し、
モーターで駆動。ガソリンエンジンとは違い、
いきなり最大トルクが出る。

imiev02.jpgimiev03.jpg
充電方法はガソリン車でいう給油口に当たる部分にプラグがある。
それを家庭用のコンセント(100V・200V)か、工業用の三相200Vの電源で充電可能だ。
目安としては100Vで14時間、200Vで7時間、←フル充電
三相200Vで30分充電し、充電率80%だそうです。
将来的には急速充電器も出るとか。
そして、フル充電で160km走ります。

違いとしては分かりにくいですが、3枚目の写真。
マフラーを付ける必要が無いため付いてません。

最近の新聞にも載っていましたが、30cmもの冠水路で徐行運転で走れたそうです。
↑記事探したけど見つからなかった・・・

現実的になってきた電気自動車だけど、昔には数台存在していた。
ただ、電池の技術発展によって、かなり実用的になってきた。
でも心配なのは電池の値段だなあ。
あと、電池が床下だから、悪路を走行して石等にヒットしたらヤバいんじゃないかなあと思う。
それと、電力泥棒とかね。
でも、今後の展開に期待したいクルマでした。
posted by よっし at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | MITSUBISHI MOTORS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイミーブ、早く市販化してもらいたいですね。
同じような軽自動車ベースの電気自動車でR1eがありましたけど、スバルの軽自動車開発終了してしまった今、スバルは電気自動車をどうするつもりなんでしょうね。

Posted by C4 at 2008年04月27日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。