2008年02月15日

アテンザスポーツワゴン試乗記

皆様お久しぶりです。
久しぶりに更新をしました。実家からです。
早速ですが、先日試乗してきたアテンザスポーツワゴンのレポートです。

atenza01.jpg
試乗してきたのはアテンザスポーツワゴン25S
5AT車です。

・外観
キープコンセプトかと思いきや、案外変わっていた。
マツダらしいプロポーションかと思います。
3ナンバーサイズだけど、あまり大きい感じがしなかった。
車高が低いせいなのかなあ。
個人的には後ろ斜め下からのアングルが好き
atenza05.jpgatenza04.jpg
タイヤがポテンザの17インチを最初から履いていた。ステキ。

・内装
atenza06.jpg
あんまり前と変わってない感じはした。
だけど、質感は高まって前よりもシンプルに感じたよ。
ハンドブレーキが遠い。位置はどうにかならなかったのかなあ。
ステアリングは小さくて、スポーツ感があった。

・エンジン
新開発の2.5Lエンジン。非常に音が静かだ。
だけど踏み込むと、一瞬で5000rpmまで上がるレスポンス。
室内にもあんまり音は出てこない。ノイズも無く良かったよ。
また、レギュラーガソリンで走るのもいいね。

さて、試乗です。

atenza02.jpg
・走り
出だしは滑らかで加速がフラット。
ATが良く出来ていて、変速ショックは感じない。

ステアリングは電動パワステなんだけど、軽すぎず、油圧感覚がある。
かと言って重すぎず、FFの影響もあってか、回頭性がいいね。
遊びはかなり少ないよ。

サスは割りと固い。だけど固すぎることはなく、ボディの剛性がアップしているせいか、そっちでいなしている感じ。
だけど、荒れた路面が続く所では、細かいダンピングが気になった。

・その他
本当に3ナンバーサイズかと思うほど、室内はそんなに広くない。
僕的にはそれが好みだが、人によっては狭いと感じるかも。
グラスエリアが狭いはずなのだが、視認性はいいですな。
左折でも良く前方が見えます。

・まとめ
マツダらしく、スポーツマインドは忘れていないクルマだとは感じた。
しかし、前型に比べ全体的に落ち着いてしまった。年齢層も上がったと思う。
それに伴い、スポーツに向かうべきところがクルマの優等生になってしまった感があるかな。
そんなところでスポーツワゴンの『スポーツ』の部分を忘れてしまいそう。
今回のアテンザはセダンが世界戦略車という事で、その部分に合わせてしまったのかなあと思った。
もっとスポーツしてていいと思いました。
ただ誰にでも乗りやすいクルマだと思います。


posted by よっし at 23:19| MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。