2007年03月12日

撮ってはあったが出さなかった写真3

自己満足なこの企画。
今回もいってみる。

skyline2000gt.jpg
日産 スカイライン2000GTです。
フォトモードを初めて、かなり初期に撮ったものです。
夕焼けで哀愁漂う写真にしたくて撮ってみました。
こういった場合はやはり旧車の方が絵になると思います。

panda superie.jpg
ジウジアーロの傑作というフィアット パンダ スーパi.e.です。
スパスパと切り落としたようなスタイルが人気でした。
広角にして撮ると、楽しい絵になります。

beetle capcar.jpg
VW ビートルカップカーです。
何故これを乗せたかというと、日曜日に自分が確認しただけで
ニュービートルを4台目撃したからです。
というのも珍しいなと思い、記憶にとどめたくこの写真にしました。

88cv.jpg
最後にトヨタミノルタ 88CVです。
ザウバーメルセデスC9とバトル中です。
サイドバイサイドの写真は狙って撮らないといけないので、
あんまりありません。その中の一枚です。
よく見ると、88CVはかなりインに入ってますね・・・

今回はこの4点でした。
この写真たちを選ぶ前に、あれこれと見ていましたが、
恥ずかしながら出せないような写真も結構ありました。
改めて、クルマの写真の難しさを感じます。
しかし、何かを感じ取っていただければ幸いです。
posted by よっし at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
余談ですが、
箱スカの写真は、
現実的には有り得ませんねw
この細い路地に、横向きに駐車するのは無理かなと。
GT4だからこそ撮れるフォトですね。(^^)d

ちなみに俺、
最近GT4でエボ7RSのセッテを組んでまして、
イタリア市街地をテストコースとして走ってます。
あそこも写真のバックとして、使えるとこかなとw
Posted by 例文 at 2007年03月13日 13:30
確かにこんな細い路地では
クレーンで空中から下ろしてこないでもしないと無理です。(^^)
現実的には不可能なところで撮れますね。
交差点の真ん中とか。

イタリア市街地コースという事は、
あの石畳のコースですね。
あそこは狭いですが、コース覚えてスパスパ走れるようになると快感です。
しかも情緒もあるので、写真のバックとしてもいいですね。
良かったらエボ7で走った写真を見せてくださ〜い。
Posted by よっし at 2007年03月13日 21:40
国内外のメーカー問わずこのカクカクデザインは印象的でフィアットなんて知らなかったけどパンダだけは親しみ易い名前だけあってよく覚えていました。懐かしいですね。このエクステリアはコストカットにも寄与しているそうですよ。
Posted by C4 at 2007年03月16日 01:13
C4さん

この間偶然にも、この車が走っていたのを見かけました。
僕もフィアットだと知ったのはクルマに興味を持ち始めてからでした。
そして、確かにこれだけカクカクしていると、型を作るのも簡単だったのかもしれません。大量生産できそうですね。
同じジウジアーロデザインでも初期型117クーペのハンドメイドとは全く違いますね。
Posted by よっし at 2007年03月16日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35810747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。