2006年07月20日

三菱オートギャラリーに行ってきた

mag_01.jpg

今日は休暇を利用して愛知県岡崎市にある
三菱自動車工業の岡崎工場の中にある
三菱オートギャラリーへ行ってきました。

ここでは三菱自動車の数々の名車を見ることができます。

mag_02.jpg

三菱A型

三菱が初めて製作した車で、大正6年に作られました。
この頃はまだ三菱造船という会社でした。

mag_03.jpg

コルト600コンバーチブル

今でもコルトはありますが、これが初代です。
しかもオープンタイプになっています。
今のコルトも好きですが、こちらのコルトもかわいくて好きです。

mag_04.jpg

コルトギャランGTO MR

スポーティな車でインパネの計器のイメージが
航空機に似ていて好評だった車です。
今ではバラバラになっている車の名前が合体していますね。
三菱初のDOHCエンジンが搭載されています。
MRはMitsubishi Racingの略です。

mag_05.jpg

パジェロパリダカールラリーカー1983

三菱が初めてパリダカラリーに挑戦した車です。
無改造の市販車部門で優勝した車です。
車名の紹介プレートには
『パジェロパリダカール戦闘車(1983)』
とありました。戦闘車って・・・ミサイル出てきそう。
これでパジェロの名が世に知られるようになりました。

mag_06.jpg

パジェロパリダカールラリーカー1985

同じくパジェロのラリーカーです。
車体の傷がそのまま残っていて、ラリーの過酷さが伝わります。

mag_07.jpg

ランサー1600 GSRラリーカー

サザンクロスラリーやサファリラリーで多くの勝利を収めた車です。
ポルシェなどの強豪を抑えて連勝を飾りました。
篠塚建次郎さんが始めて乗ったラリーカーでもあります。
この実績がランエボを生み出したかも知れません。

mag_08.jpg

コルトフォーミュラF3A

同じコルトという名前でもフォーミュラカーもありました。
三菱の初代フォーミュラカーです。
シンプルな葉巻型のフォーミュラカーですが、
ロータスなどの強豪を抑え、色んなグランプリで優勝しています。

三菱オートギャラリーに展示してある車は30台ほどでした。
どれも個性的な車ばかりで、行って良かったなと思いました。
数々のレースで実績のある三菱、
最近の車が無かったのが残念でしたが、充分良かったです。

ただ、工場内にある事から行く時には注意してください。
土日とゴールデンウィーク、お盆、お正月の連休には入れません。
しかも、予約が必要です。

三菱オートギャラリー
愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
0564-32-5203
http://www.mitsubishi-motors.com/corporate/museum/autogallery/j/index.html
posted by よっし at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | MITSUBISHI MOTORS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21099548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。