2006年06月27日

COLT RALLIART Version-R

colt ver-r_01.jpg

先日、三菱自動車ディーラーで
コルトのアッパーバージョンであるCOLT RALLIART Version-R
を見てきました。

元々COLT RALLIARTという車はあるのですが、
このVersion-Rは更に手を加えたという車です。
ではどういった車なのか見ていきましょう。

全長:3925mm
全幅:1695mm
全高:1535mm
ホイールベース:2500mm
重量:1140kg(6-CVT)1110kg(5M/T)
排気量:1468cc
エンジン:4気筒DOHC MIVEC TURBO
最高馬力:154ps/6000rpm
最高トルク:18.3kgm/2500rpm(6-CVT)21.4kgm/3500rpm

主要緒元で分かるのが6速CVTと5速M/Tが設定されていることです。
5速M/Tは国内のコルトとしては初めて。
欧米でもコルトが発売されているが、それには搭載されている。

外観の見た目で分かるのはオーバーフェンダーだ。
colt ver-r_02.jpg
このオーバーフェンダーは205/45R16という太いタイヤを履くために
付けられたという事だ。
ちなみにボディーカラーは何色でもオーバーフェンダーは黒だ。

次にエンジン。
こちらはCOLT RALLIARTとエンジンは同じだが、
トルクアップと排気系のリファインを行い、性能が引き上げられている。

ボディーはロールに弱いと言われていたので
スポット溶接を1.5倍に増やし剛性を高めている。

colt ver-r_03.jpg
後姿がかっこいい!
デフューザーはエボゆずり!?
足回りは前にも述べたとおり、オーバーフェンダーによる太いタイヤと
欧米のコルトのサスペンションをチューニングしてある。

colt ver-r_04.jpg
見た印象は『かっこいい』だった。
最近、街では普通のコルトをよく見かけるようになったが、
このCOLT RALLIART Version-Rは違うオーラを放っていると感じた。
カタログの写真の撮り方も良く、三菱自動車のやる気を感じた。

同じようなコンパクトカーで
マツダが新型アクセラを発売し、
マツダスピードのアクセラも登場したが、こちらはかなり性能が引き上げられているので、
競合車とはいかないだろう。
だが、三菱自動車があえてこのスペックで発売したのは何故か。
その答えが知りたくなった。
posted by よっし at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MITSUBISHI MOTORS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。