2006年10月31日

COSMO SPORTS

cosmo3.jpgcosmo4.jpgcosmo5.jpg

全長:4140mm
全幅:1595mm
全高:1165mm
駆動形式:FR
重量:940kg
排気量:491×2cc
エンジン:2ローター・ロータリー
最高馬力:110ps/7000rpm
最高トルク:13.3kgm/3500rpm

ふたつのローターをくっつけたロータリーエンジン車としては
世界初となったコスモスポーツです。
まだ東洋工業という名前だったマツダが
ドイツのNSU社と技術提携し、ロータリーエンジンを量産化したのでした。

そのロータリーエンジンは小型ながら高出力で、491×2=982ccという排気量ですが、
当時の2リッターカー並の出力で、ロータリーを一躍有名にしました。

何と言っても目に付くのはそのスタイリング。
名前の通り宇宙をイメージさせます。
また、後ろから見た姿は忘れられないほど印象に残ります。
日本的な風景も絵になります。
帰ってきたウルトラマンのマットビハイクルとしても有名です。

マツダ・ロータリーエンジンの歴史京商 1/64 コスモスポーツ パトカー 広島県警察トミカ マットビハイクル
posted by よっし at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | MAZDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

EXIGE MK I

exige_01.jpgexige_02.jpgexige_03.jpg

ちょっとヘコんでいたので、久しぶりの記事となりますが、
今回はライトウェイトスポーツの決定版とも言えるこのクルマ
ロータスエキシージです。

見た目はエリーゼとそっくりです。
エリーゼをベースにレースカーとして開発されました。
エリーゼと違うのはクローズドボディで
タイヤがインチアップされていたり、サスペンションがチューニングされています。

ロードゴーイングカーでもあり、エキシージだけのワンメイクレースもあるので、
クルマに乗ってサーキットに行って、そのままレースを楽しめるという
クルマでもあります。

エンジンは1.8リッターのトヨタ製直列4気筒エンジン。
そして、車両重量はわずか725kgで、同じ2人乗りの
マツダロードスターが1100kgなので、よほど軽いという事が分かるでしょう。
ちなみにコペンのデタッチャブルトップで800kgで、それよりも軽いのです。

ただ、この形であるため、大人二人乗車では窮屈なようです。

↓な、なぜ!?酒屋で本物のエキシージが・・・!?
ロータス・エリーゼ エクシージ
posted by よっし at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Lotus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

レースシーンを集めてみた

mpz_06.jpg

今回はレースシーンを集めて見ました。
あんまりレース中の写真を撮ってないなあと思い企画しました。
まずは記念すべき『クルマのある写真』の初回を飾ったクルマ
モチュールピットワークZです。

現実的にはありえないシチュエーションでレースが出来るのもGTです。
後ろのクルマもあり得ないし、
サーキットもラグナ・セカ。コークスクリューで抜き去ったところです。

mpz_07.jpg
ピット中は写真が撮影できませんので、
ピットから出てきたところを写しました。
なんだか寂しいピットです。活気がないなあ。

option z_01.jpg
つぎにまたZですが、オプションストリームZです。
こういったチューニングカーが登場するのもいいです。

続きを読む
posted by よっし at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

E type

jaguar e_type_01.jpgjaguar e_type_02.jpg

全長:4440mm
全幅:1650mm
全高:1220mm
ホイールベース:2440mm
駆動形式:FR
重量:1219kg
排気量:3781cc
エンジン:水冷直列6気筒
最高馬力:269ps(198kW)/5500rpm
最高トルク:36.0kgm(351Nm)/4000rpm

1961年にジュネーブモーターショーで発表されたクルマです。
ジャガーの中の名車中の名車です。
エンジンはこちらもジャガーの名車であるXKシリーズのエンジンを流用し、
デザインをレーシングカーであったC type D typeを踏襲し、
航空力学や流体工学を取り入れてこのクルマが生まれました。
生産台数の90%以上がアメリカに輸出され、アメリカではXK-Eという名前でした。

見れば見るほどトヨタ2000GTにそっくりですが、
トヨタ2000GTは1967年に登場しています。影響を与えたのはもちろんジャガーE typeなのです。
続きを読む
posted by よっし at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Jaguar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

Celica XX 2800GT

celicaxx_01.jpgcelicaxx_02.jpgcelicaxx_03.jpg

全長:4660mm
全幅:1685mm
全高:1315mm
ホイールベース:2615mm
駆動形式:FR
重量:1235kg
排気量:2759cc
エンジン:水冷直列6気筒 DOHC
最高馬力:170ps(125kW)/5600rpm
最高トルク:24.0kgm(235Nm)/4400rpm

セリカXX(ダブルエックス)の2代目初期型です。
初代は1978年で、2代目は1981年に登場しました。
3ドアハッチバックというのは変わりませんが、
外観の変更点はボディ形状が丸みを帯びたものから
角ばった形状になり、リトラクタブルライトになりました。

車名に『X』を使用し、ライバルはフェアレディZとなっています。
エンジンはソアラの上位車種から流用し、
ソアラが30代をターゲットとすると、セリカは20代がターゲットだったようです。

後期型ではウインカーがバンパーの横になり、ドアミラーになりました。
スピードメーターが今では懐かしいデジタルメーターです。
そして、セリカXXで思い出すのは『よろしくメカドック』です。

その後、セリカXXは1986年まで発売されましたが、
セリカXXの輸出名であった『スープラ』に受け継がれました。

トミカリミテッド Sシリーズ    No3 セリカXX 2800GTアオシマ1/43スケールトヨタ セリカXX 2000G ターボ 前期型 1982カラー:ホワイト
posted by よっし at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Toyota | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

S2000

s2000_01.jpgs2000_02.jpgs2000_03.jpg

(スペックは現行車)
全長:4135mm
全幅:1750mm
全高:1285mm
ホイールベース:2400mm
駆動形式:FR
重量:1240kg
排気量:2156cc
エンジン:水冷直列4気筒 DOHC
最高馬力:242ps(178kW)/7800rpm
最高トルク:22.5kgm(221Nm)/6500〜7500rpm

ホンダが50周年を記念して作られたクルマ。
『S』と名が付く事から、往年の名車である『S500』『S600』『S800』の
意志を受け継ぐクルマだ。

開発はNSXやインテグラタイプRを担当した責任者、
エンジンはホンダF1エンジンを担当したエンジニアだ。
こんなところからこのクルマに対する意気込みが伝わってくる。

ボディにXボーンフレームというのを採用しており、
高剛性がウリで、オープンでのクローズド並みの剛性となっている。
また、50:50の重量配分となっている事から、安定した走りはもちろん
楽しい走りも出来るクルマだと思います。

こんなクルマでこんな景色の中を走ってみたいなあと思ったのでした。
レーシングスーツやヘルメットはいらないけどね。

1/43 エブロ【EBBRO】ホンダ S2000 黒チョロQ52 S2000 ライムグリーン
タグ:ホンダ S2000
posted by よっし at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

155 2.5 V6 TI

alfa155rc_01.jpgalfa 155rc_02.jpg

全長:4576mm
全幅:1750mm
全高:1380mm
ホイールベース:2540mm
駆動形式:4WD
重量:1010kg
排気量:2498cc
エンジン:V型6気筒
最高馬力:420ps(307kW)/11500rpm
最高トルク:30kgm(294Nm)/8000rpm

見た瞬間、すごいフロントに目が行ってしまいます。
思わずベースカーのフロントはどうなっていたっけと考えるほど。
イタリアのツーリングカー選手権でも活躍しましたが、
1993年にDTMというドイツのツーリングカー選手権で活躍しました。

続きを読む
posted by よっし at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

RS200

ford rs200_01.jpgford rs200_02.jpg

全長:4000mm
全幅:1764mm
全高:1322mm
ホイールベース:2515mm
駆動形式:MR
重量:1180kg
排気量:1804cc
エンジン:直列4気筒DOHC
最高馬力:250ps(183kW)/6500rpm
最高トルク:29.7kgm(292Nm)/4500rpm

かわいい顔に見えますが、
WRCのグループBで勝つために作られたクルマです。
以前紹介したランチアデルタS4と同じ世代のクルマです。

エンジンはコスワース製のコスワースBDTで、ターボを組み合わせて
市販車でも250馬力もあり、
ラリーカーでは500馬力以上あると言われています。
駆動系が変わっており、4WDではあるのですが、
・リヤに大きめのトルクをかける4WD
・FR
・センターデフロックによる前後等トルク
と変える事ができるのだ。

続きを読む
posted by よっし at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | Ford | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

撮ってはあったが出さなかった写真2

今日は以前にも行ったお蔵出し画像の紹介です。

a110.jpg

まずはアルピーヌA110です。
好きなクルマのひとつとして変わりません。
全体のプロポーションがどこから見ても良いなあと思えるデザインだからです。


golf v gti.jpg

Golf V GTIです。
今日の紹介で唯一実車の写真です。
この写真ではGTIの特徴であるフロントグリルだけを撮ってみました。
今まであまり一部分の写真を載せなかったですが、
これからは色々と載せていきたいと思います。

続きを読む
posted by よっし at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。